トップページ
会社概要
施工事例
スタッフ
ソーラーパネルメンテナンス
問い合わせ
サイトマップ

リフォーム豆知識

リフォーム豆知識トップへ

悪質な 『訪問販売』対策

04.悪質な 『訪問販売』対策

悪質な訪問販売が増えています。

最近、訪間販売によるトラブルが増加しています。消火器、布団、参考書などの他に化粧品や貴金属、そして住宅リフォーム工事も年々増加しています。特に住宅リフォーム工事は、国民生活センターの消費者生活相談の約8割が訪問販売によるもの。執拗な勧誘、虚偽の説明、強引な契約、ずさんな工事、トラブル時の対応の悪さなど、内容も深刻。会社を確認する、うまい話に惑わされない、などしっかりした対応が必要です。

訪問販売による契約や、その解除に関するトラブルの内容
  • 契約、約束が履行されていない
  • 契約書や仕様書が交付されていない
  • 契約書に契約日や工事内容の記載がない
  • 書面に不備がある
  • 解約をことわられた
  • クーリングオフを回避された
  • 高額な解約料を請求された
  • 解約料の支払いやその額が納得できない
  • 予定になっても着工されない
  • 残工事を始めてくれない
  • 代金の請求が不当 …など。
悪質業者の手口
その1) 点検商法
点検を装って来訪し、屋根や床下などの工事を勧誘する。
その2) 騙し商法
○○電力、○○ガス、水道局などに関係ある会社だと思わせて契約をする。
「水道局に委託されて給水管清掃に来ました」など
その3) モニター商法
モニター価格として安く表示し工事を勧誘する「抽選で選ばれました」
「立地条件が良いのでモデル工事をさせてください」など
チェックポイント

業者が来訪したときに、悪質かどうかを判断するためのポイントをいくつかご紹介します。

営業車
・会社名が無い
・何名も乗っている
書面
・契約書がない
・クーリングオフの説明がない
・即日作成された見積だけ
・図面(改修計画表)や工程表が無い
名刺
・携帯の番号しか載っていない
・会社の住所・電話が記載されていない
・会社名を名乗らない

訪問販売による住宅リフォーム工事にご注意!!

  • 契約金額が200万円を超えている
  • 60歳以上の高齢者の被害が多い

こんな特徴もあり、国民生活センターに寄せられる相談は年々2割以上の増加で、ダントツです。

どの部位の工事でトラブルが多いか

※素人ではチェックできない部位で多発しています。


(資料:国民生活センター)

訪問業者に対する対応と注意点
  • まず「名前」と「目的」を聞きましょう
  • その会社は実際に存在するか調べましょう
  • 悪戯に不安をあおる話には用心しましょう
  • うまい話に気をつけましょう
  • 少しでも不安ならはっきり断りましょう
  • 見積や図面などの書類はきちんともらいましょう
  • 契約する前に家族や知人に相談しましょう
  • 契約内容をしっかり確認しましょう(簡単に名前を書いたり、印鑑を押さない!)
  • クーリングオフを利用しましょうい

怪しい。おかしい。危ない。と思ったらいつでもお電話下さい。

ご相談の一例

突然業者が来て長い時間契約を勧めるので、押しに負けて契約をしてしまいました。やっぱり解約したいのだげれど何かいい方法ありませんか?

そんな場合の対処の仕方にクーリングオフがあります。

訪問販売などで商品等を購入或いは契約した場合、契約日を含めて8日以内なら無条件で解約できます。ハガキに解約の旨を明確に記入し、簡易書留または内容証明郵便で行います。

訪問販売業者とのトラブルでお困りの方、比較検討や対処法等をアドバイスいたします。
※調停・仲介・解決をするわけではあリませんのでご了承下さい。

 

  • ※商品の仕様・価格は変更になる場合がございます。ご了承ください。
  • ※工事のお見積もりは、現地を確認させて頂いた上で、提示致します。
電話番号
(株)ハシモトに電話をかける
有限会社成和建設へ
ハシモトグループ成和建設
リフォーム豆知識へ